御朱印について

「御朱印」は「納経印」とも呼ばれるように、元来は写経や読経などを納めた証として受けるものでしたが、現代では「参拝のしるし」として授与されることも多くなりました。

私たち京都守護職 新選組巡礼会におきましても、仏さまとのご縁を結んでいただいた証として、枚数限定の特別御朱印等を授与いたしております。

巡礼にご参加の際には、まず、ご本尊にお参りなさってから御朱印をお受けください。

忠義と誠に生きた侍たちに思いを馳せて古都を巡り、各寺院で心静かな祈りのひとときをお過ごしいただけると幸いです。


参画寺院の特別御朱印紹介(画像をクリックすると詳細ページへ移動します)

壬生寺

聖護院門跡

金戒光明寺